快傑Zの仮想通貨を投資以外で消耗してます!

仮想通貨で遊ぶをモットー!投資で儲け度外視! 投資以外で消耗中・・・。誰かお恵みを

ボタンをポチっとお願いします。

Asure Network(アシュア ネットワーク)

Asure Network(アシュア ネットワーク)通貨表記:ASR発行量上限:1億ERC20トークン AsureNetworkはブロックチェーンの社会保障基盤の構築を目指すプロジェクトです スイスのツークに設立された非営利団体:Asure Foundationにより設立されました。 日本では…

【取引所】Novaexchangeで上場廃止&新規上場される仮想通貨(2019/7)

定期的にNovaExchangeで取扱いされている銘柄の入れ替えを観測しております。 2018/12に定点観測した記事はこちらです。 あれから半年経過してどのような状況になっているでしょうか? www.zbaron-newworld.com 2019/1月以降で上場廃止になった銘柄です。 7…

【取引所】Novaexchangeで取扱いされている仮想通貨(2019/7)

海外仮想通貨取引所の中で草コインを多数扱う魔界の一つNovaExchangeの取り扱い銘柄の定点観測日記です。 前回は2018/12に定点観測をしておりましたが、半年経過した現在(2019/7)はどうなっているのでしょうか? www.zbaron-newworld.com CoinInfoに表記さ…

【取引所】BITTREXで取り扱われている仮想通貨(2019/7)

私の仮想通貨1年生時の海外仮想通貨取引所の主戦場の一つは 「BITTREX」でした。 最近はあまりログインもしていなかったのですが、ここに来ると懐かしい銘柄に会えるので安心します。 かなり多くの銘柄を取り扱っているため実態を把握していなかったのですが…

【取引所】POLONIEXで取り扱われている仮想通貨(2019/7)

かつて(2017年以前)に海外のメジャーな仮想通貨取引所といえばPOLONIEXだったはずですが 日本ではその存在感を薄めてしまっておりますので非常に嘆かわしいことです。 POLONOEX Cosmosの上場で再び話題になりましたが昔の輝きは取り戻せないですね。 そし…

【取引所】BLEUTRADEから上場廃止になる仮想通貨(2019/7/15))

取引所BLEUTRADEより以下のメールが届いておりました。 2019/7/15 15:00(UTC)に上場廃止となるコインの告知でした。 参考までに2019/2に取引されていた仮想通貨は62銘柄でした。 www.zbaron-newworld.com そこからいくつか増減があった模様で、2019/7/3現…

10数種類以上存在する配当型ウォレット

いつの頃からか配当型ウォレットというものが一部で流行しております。 まだまだ存在しているかもしれませんが、把握している限りのリストです。 配当型ウォレットの元祖とも言われているのが、 PlusToken この配当ウォレットはAI-Dogという自動アービトラー…

EtherumPink(イーサリアムピンク)

EtherumPink(イーサリアムピンク) 通貨表記:EPINK発行量上限:1億 イーサリアムピンクはイーサリアムのERC20トークンです。 XcentrieXとQuientという2つの主要プロジェクトを目玉として資金調達を目指すICOが2018年6月~9月頃に開催されていたようです。 イ…

香港デモと陰陽五行思想

前回も 陰陽五行説による中華王朝の推移で少し触れていましたが www.zbaron-newworld.com 2015年に香港で起こった13万規模のデモは「雨傘運動」と言われ黄色い傘を差したデモでした。 この陰陽五行説に関連付けると中華人民共和国の色は赤。赤は「火」の属性を…

陰陽五行説の思想を仮想通貨トレードに応用してみる

仮想通貨界隈では有名な某天才トレーダー達が様々な手法を編み出しております。 以下 参考例 先日の香港のデモに感化されて 陰陽五行説による中華帝国の興亡との関係を調べて記事したのですが、 www.zbaron-newworld.com 仮想通貨クラスタの私としては某有名…

陰陽五行説による中華王朝の遷移

香港で中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案の審議が再開される逃亡犯条例に反対するデモが100万人規模で発生したとニュースに騒然としました。 中国には 陰陽五行説という思想があり、この思想にそって、歴代の王朝が世代交代をして…

蜂の寓話 と 仮想通貨

「ブンブンうなる蜂の巣~悪者が正直者になる話」 と題された400行ほどの詩が1705年に作者匿名で発表された。 当初は全く話題にも上がらず、1714年に「序文」「美徳の起源についての考察」「注釈」を加えて出版したが、それでも話題にならず・・・。 1723年…