快傑Zの仮想通貨を投資以外で消耗してます!

仮想通貨で遊ぶをモットー!投資で儲け度外視! 投資以外で消耗中・・・。誰かお恵みを

ボタンをポチっとお願いします。

SmartCash CoreWalletバージョン1.3のリリース動向

※この記事はCoinlance の英文記事SmartCash v1.3 Sunriseが近日登場!なぜこれが私たち全員にとって重要なのですか? の日本語の翻訳となります。

f:id:Zbaron:20191013092920p:plain

SmartCashプロジェクトチームはCore SmartCash Walletのバージョン1.3に積極的に取り組んでいます。このバージョンは現在準備の最終段階にあり、徹底的なテストが行​​われています。ここのGitHub統計ページを見ると、さまざまな改善と修正がほぼ毎日追加されていることがわかります。

正確なリリース日はまだ確定されていませんが、SmartCashホルダーは、バージョン1.3がSmartCashエコシステムにもたらす重要な変更を知っておく必要があります。

 

 

 


バージョン1.3 でどのような変更になるのか?

変更される機能

 

◆スマートリワードの変更

最も重要な変更の1つは、SmartRewardsの支払い構造の改善です
SmartRewardsサイクルが30日→90日(47500ブロックから142500ブロック)に延長されます。

f:id:Zbaron:20191013095819j:plain
そしてSmartRewardsを受け取りたいユーザーは、90日ごとにSmartHive Votingプラットフォーム1つ以上の提案に投票する必要があります。
この要件とサイクルの延長により、長期保有者に報いることができます。

 

◆高速同期のためのSmartRewardsデータベースの改善。

SmartNodesアドレスはSmartRewardsの支払いを受け取らなくなります。
SmartRewardsの概念に重点を置き、これら2つのシステムを相互に分離できます。

◆SAPIの追加

スマートアプリケーションプログラミングインターフェイス(SAPI)を使用すると、Litewalletとアプリケーションは、エクスプローラーを使用せずにブロックチェーンから情報を取得できます。

 

◆アトミックスワップの追加

アトミックスワップベースコードが追加され、アトミックスワップ(暗号通貨同士の交換)が可能になります。

 

◆SmartCashアドレス形式の変更

Bitcoinアドレスハッシュ標準を満たすために追加された新しいアドレス形式。
サードパーティのウォレットとの互換性を高めるために、アドレスのエンコーディングを修正しています。

 

◆プロポーザルの新しい料金体系

SMARTホルダーなら誰でもSmartCashコミュニティに自分の提案をいくらかのSMARTを手数料を払うことで提出することが出来ます。(投票により採用可否が決まります)
 投票により却下されてしまった提案は、より低い金額で提出し、手数料を払い戻すことができるようになります。


また1.3バージョンでは、ウォレットなどの同期も改善されるため、ユーザーはブロックチェーン全体のダウンロードする問題を抱えることはありません。

 

他のユーザーが新しいバージョンの重要な変更についてより多くを学ぶことができるように、下のグラフィックを見て、それを共有してください。

f:id:Zbaron:20191013092842p:plain

これらの変更により、SmartCashはコミュニティへの参加、新機能の改善と追加に重点を置き、新しい統合への扉を開きます。

SmartCashは、分散型プラットフォームとしての暗号資産の多くの機能を実社会での使用に向けてこれまで以上に積極的に動き続けています。