快傑Zの仮想通貨を投資以外で消耗してます!

仮想通貨で遊ぶをモットー!投資で儲け度外視! 投資以外で消耗中・・・。誰かお恵みを

ボタンをポチっとお願いします。

f(x)coin(ファンクションXコイン)

f:id:Zbaron:20190727003412j:plain
f(x)coin
通貨表記:FX
ERC20トーク

 f:id:Zbaron:20190727003412j:plainf(x)CoinはfunctionXエコノミーシステムのネイティブ通貨です。

functionXは次世代のインターネットサービスフレームワークを目指しています。
既存のインターネットとブロックチェーンアーキテクチャを改善し、技術的ソリューションを組み合わせることで、新しいサービスエコシステムのフレームワークを作成しました。
ソフトウェア/ハードウェアの共同設計に向けた体系的なアプローチを採用し、既存のすべてのアプリケーション、Webサイト、データ、およびサービスを完全分散化できるようになっています。

 



FunkthonXのエコシステム概要図

f:id:Zbaron:20190727104910j:plain

funktionX(f(x))のエコシステムは、5つの要素で構成されています。(上図 赤枠)
f(x)OS:オペレーションシステム
f(x)Blockchain:ブロックチェーン
f(x)FXTP:(伝送プロトコル
f(x)docker:(開発者がDaapsを構築、出荷、実行するためのプラットフォーム)
f(x)IPFS:(分散システム上にデータを格納するためのプロトコル

 
そしてそれを利用する3つの登場人物により成り立ちます。(上図の緑枠)
消費者:Dappsなどのサービスを利用するためにf(x)を支払います。
開発者:開発したDaapsをエコシステムに供給しf(x)を受領します。
サービスプロバイダ:開発者および消費者からプラットフォームやDaapsを供給しF(x)を受領します。

またその後のシナリオとしては

企業:サービス料、開発者料、および広告料を支払います。消費者に提供されるサービスは課金され、f(x)コインで表示されます。
携帯電話など製造元:f(x)OS搭載スマホ用にOSのカスタマイズ費用を支払う

金融機関向け:エコシステム向けに提供された金融サービスに対する支払いを受け取る

 

 

 

なぜFunctionXが次世代のインターネットと言われているかを語る上でFXTPが一番イメージし易いと思います。
従来のインターネットの伝送プロトコルはHTTPという仕組みを利用しています。
クライアントサーバ方式であるため単一のサーバが障害になると通信不通となったりデータ欠損するリスクや悪意のある第三者からの傍受される可能性があるなどセキュリティ対策やリスク対策に

 

f:id:Zbaron:20190727110912j:plain

FXTPは、複数のノードにデータが分散されているため単一ノードの障害も関係なく悪意のある第三者からの傍受も通信経路が特定されにくいためセキュリティが強固となります。理想的なP2P通信方式を採用しています。

f:id:Zbaron:20190727110925j:plain

そして2019年末にFunctionXブロックチェーンで構築されたエコシステムで利用できる世界初ブロックチェーンスマートフォン「XPhone」が発売されます。
(価格:US$599予定)

f:id:Zbaron:20190727094811j:plain

 

いきなり従来の仕組みから外れて生活することは現実的ではないため、下図の「Xボタン」従来の仕組みfunctionXブロックチェーンの仕組みを切り替えて両方利用できるデュアルモード仕様になっています。

通常ブラウザでは、従来通りHTTP経由で普通のインターネットを閲覧でき「Xボタン」を押すとFXTP経由でブロックチェーンインターネットを閲覧できます。

f:id:Zbaron:20190727100402j:plain

通話やメッセージ送信の方法は以下という記述がありました。

電話をかける方法は?
“ call。[owner]”と入力することで通話できます

テキストメッセージは?
“ message。[owner]”と入力すること送信できます。

※これは、やはり通常のキャリア電話番号との通話やメッセージは出来きずにXphone同士の通信ということでしょうか? 

 

f:id:Zbaron:20190727003412j:plainfunctionXf:id:Zbaron:20190727115009j:plainPundiXチームによりナカモト・サトシの思想によって生まれたビットコインブロックチェーンシステムの社会へ流通を成功に導くための研究や弊害になる要因の調査を2017年に開始しました。

www.zbaron-newworld.com 
functhonXが分散型ネットワークの総合ソリューションとして次世代インターネットの地位に確立するまでPundiXチームが開発のイニシアティブを取って行く予定です。
その後は段階的にチームがフェードアウトしていき真の自律的なソリューションとなることを目指しています。

 

functionX公式サイト

f:id:Zbaron:20190727003009j:plain