快傑Zの仮想通貨を投資以外で消耗してます!

仮想通貨で遊ぶをモットー!投資で儲け度外視! 投資以外で消耗中・・・。誰かお恵みを

ボタンをポチっとお願いします。

陰陽五行説による中華王朝の遷移

香港で中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案の審議が再開される逃亡犯条例に反対するデモが100万人規模で発生したとニュースに騒然としました。

f:id:Zbaron:20190613013413j:plain

 

中国には 陰陽五行説という思想があり、この思想にそって、歴代の王朝が世代交代をしてきたと言われています。

f:id:Zbaron:20190613013425p:plain

wikipediaより

 

◆相生(順送りに相手を生み出して行く、陽の関係)

力関係は以下の通り

木→火(木は燃えて火を生む。) 
火→土(物が燃えて灰が残り、灰は土に還る)
土→金(鉱物・金属の多くは土にあり、土を掘ることによってその金属を得る)
金→水(金属の表面には凝結により水が生じる)
水→木(木は水によって養われる)

 

◆相剋(相手を打ち滅ぼして行く、陰の関係)

木→土(木は根を張って土を締め付け、養分を吸い取って土地を痩せさせる)
土→水(土は水を濁す。土は水を吸い取り、水を堤防や土塁等でせき止める)
水→火(水は火を消し止める)
火→金(火は金属を熔かす)
金→木(金属製の斧や鋸は木を傷つけ、切り倒す)

 

さて中国春秋戦国時代を題材とした人気の高い漫画「キングダム」の秦帝国は、
黒い旗で黒い甲冑の黒の軍団・王朝です。

黒は五行では「水」の属性を持ちます。

f:id:Zbaron:20190613013436j:plain

その「秦」の時代の次に天下を争ったのは「楚」「漢」でした。
当初は「楚」が優勢でしたが、最終的に「漢」が天下を獲りました。

相生の思想によると水(黒)→木(青)(木は水によって養われる)ため「楚」は木の属性で青の王朝ということになります。
その「楚」を倒した「漢」は木(青)→火(赤)(木は燃えて火を生む)火の属性の赤の王朝ということになります。

 

 

三国志の時代の幕開け後漢では、黄巾党という黄色い旗印で叛旗を翻した軍団が登場しました。

f:id:Zbaron:20190613015547j:plain

蒼天已死 黄天當立 歳在甲子 天下大吉」(蒼天既に死す、黄天まさに立つべし)

というスローガンは、相生思想の

火(赤)→土(黄)(物が燃えて灰が残り、灰は土に還る)から来たものではないかと考えます。(相剋思想だと辻褄が合わない)

すなわち火(赤)の属性「漢」を土(黄)の属性の「黄巾党」が天下を引き継ぐというものです。

f:id:Zbaron:20190613013425p:plain

 

ここで言う「蒼天」とは、漢王朝ではなく「天帝」の意味であり、

「蒼天を守る赤い王朝は既に死んで、黄色い王朝が起つべきだ」 という意味なのではないかと思われるのです。

※「蒼天の拳」でも北斗神拳は天帝を守護する拳法と説明されています。

f:id:Zbaron:20190613021300j:plain

この考えに沿って行くと

f:id:Zbaron:20190613013425p:plain

火(赤)→土(黄)→金(白)→水(黒)→木(青) のサイクルになりますので、天下統一した歴代王朝にその色を合わせていきます。

漢:火(赤)

魏:土(黄) (三国鼎立時代:魏/呉/蜀)

晋:金(白)

隋:水(黒)

唐:木(青)

宋:火(赤)

元:土(黄)

明:金(白)

清:水(黒)

中華民国:木(青)

中華人民共和国:火(赤)

f:id:Zbaron:20190613022845j:plain

中華民国(台湾)の旗は青天白日満地紅旗と呼ばれますので「青の王朝」

中華人民共和国の旗は五星紅旗と呼ばれるので「赤の王朝」

共産党の色:赤とも一致するとはなんという宿命でしょうかw

 

話が長くなりました。

この陰陽五行説の相生思想に基づくと次のサイクルは

火(赤)→土(黄)(物が燃えて灰が残り、灰は土に還る)

となるのです。

f:id:Zbaron:20190613013425p:plain

 

2015年に起こった13万規模のデモは「雨傘運動」と言われ黄色い傘を差したデモでした。※残念ながら鎮圧されましたが・・・

f:id:Zbaron:20190613084409j:image

映画「乱世備忘~僕らの雨傘運動~」より

 

果たして、今回の香港でのデモが黄をイメージした「雨傘運動」の意志も組み込んで

蒼天已死 黄天當立 歳在甲子 天下大吉」(蒼天既に死す、黄天まさに立つべし)

の狼煙となり時代が動いていくのか・・・・・見ものです。

f:id:Zbaron:20190613015547j:plain

※ひょっとしたら背後にアメリカ合衆国のFBIやCIAが関与しているのではないかとも疑ってしまいますけど・・・。

 

と また変な記事を書いてしまいました。