快傑Zの仮想通貨を投資以外で消耗してます!

仮想通貨で遊ぶをモットー!投資で儲け度外視! 投資以外で消耗中・・・。誰かお恵みを

ボタンをポチっとお願いします。

Basic Attention Token(BAT)

f:id:Zbaron:20170811120024j:plain

Basic Attention Token
通貨表記:BAT
承認時間:
発行量上限:
承認アルゴリズム

 

201にICOで38億円の資金調達を達成(10億円分は24秒で即売だったらしい?)した注目されたプロジェクト。

BATとはWebブラウザ「Brave」https://brave.com と連携して、WEBサイト運営者には良い取引を与え、ブラウザ利用ユーザには収益のシェアを与えるブロックチェーンのデジタル広告システムで利用する仮想通貨です。

f:id:Zbaron:20170811123657j:plain

 

f:id:Zbaron:20170811132405j:plainBraveとは

現在のWEBブラウザでインターネットを閲覧すると興味のない広告や悪意のあるサイトへの誘導などネット利用者からすると様々なストレスになっています。

広告主からするとGoolgeやyahooに広告費用を次ぎこんでも、良質な広告にも関わらず、紛れている悪質な広告と区別されないため、ユーザに伝わらず思うような収益も出ていないなどの弊害もあります。

 それを解決する手段としてBraveでは、設定画面で広告ブロック、サイトにはめ込まれているスクリプトの停止などが出来、不必要な広告などをブロックすることを可能にしました。

また利用者はBrave経由で寄付をすることにより、自分で設定したWEBサイトへの寄付を月額で振り込みが可能となり、WEBサイト側は、寄付額がトータルで100ドルに達したら収益を受け取ることが可能のようです。

いわば Braveは ウェブブラウザや検索の覇権を握っている企業(Googleやyahooなど)に対する挑戦状です!

 

BATの使い道

現在BraveではBrave Payment β版でユーザからの寄付金をビットコインで試験的に実施しています。これがBATによる寄付になるようです。

Braveを利用して広告を閲覧するなどをすることでBATが貰える・・・などと勘違いしている人もいるかと思いますが、現時点ではまだそのようなことはありません。
(将来的には、閲覧データを提供することによるBAT配当というものがロードマップ上に見えています)
まずは応援したいBraveと契約したウェブサイト広告主に寄付をして、BAT全体で収益が上がったことによるBAT利用者への還元がされるものと思われます。
Braveが使われれば使われるほどBATの価値が生まれるのです!
(と解釈している)

 

BATのロードマップ

今後 以下の3つのフェーズでプロジェクトが進行する予定になっています。
(以下私の意訳ですので、解釈が違うかもしれません。間違いあればご指摘ください)

f:id:Zbaron:20170811124400j:plainBAT Mercury 2017年夏

・Brave Paymentでの寄付の支払いをビットコインからBATに変換
・BraveとBATWalletの統合
・ユーザが利用しているBraveダッシュボードのデータと広告主への寄付の傾向などのデータを集計し需要の統計を取る
・上記のデータをもとに追加開発
・BAT Mercuryの利用状況とユーザ満足度の調査
・ゼロ証明プロトコルを拡張して広告属性/確認をトランザクション伝達する機能を追加

 

f:id:Zbaron:20170811124419j:plainBAT Gemini 2017年~2018年冬
・偽造防止のためのKYC(humint+機械学習)、レート、フロー制御
・ユーザ成長プール(UGP)のユーザへの付与?
・AIを搭載した機械学習の開発と最適化
・BAT広告/オファーカタログ作業の需要に基づくダッシュボード
・BAT広告パートナーシップを提携した初期広告主のダッシュボード解析
・BAT-Braveの利用状況/収益などのリサーチ

f:id:Zbaron:20170811124439j:plainBAT Apollo  2018年内

・ユーザーの増加(すると期待して)増加した広告収益、UGP交付金のプールやハッキング対策
・Brave Ledgerの確認と収益フローから、匿名性に優れたゼロ証明プロトコルを使用したチャネルにてEthereumフロー上に分散化させるための作業を完成
・プレミアムアテンションモデルに基づくサービスの価格設定。
・パフォーマンス測定、最適化、販売計画のためのダッシュボードを備えた、Ethereumブロックチェーン上で確認するサービスの提供。
・BATと他のアプリとの統合を実現するためにオープンソース提供など

 

実際にBraveを利用してBAT体験をしてみました!

zbaron.hatenablog.com

 

f:id:Zbaron:20170811120024j:plain公式サイト

basicattentiontoken.org